読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさら聞けない!円安、円高について

円安とは 円安とは、ドル・ユーロなどの諸外国通貨に対して円の価値が低くなることを言います。 1ドル=100円だったのが1ドル=120円になった時、円安ドル高となります 1ドルが100円で買えていたのに、今は120円で20円高くなったということです

 

 

メリット 円安は輸出産業が有利になります。トランプ大統領が不満を持つのはそこですね。 海外に物を売りやすくなる、外貨を円に換えるとき多く換金できるので利益が多くなります。 海外預金やFX等で外貨を所持していた場合も円安になった分(先ほどので行くと1ドルにつき20円の利益)投資家の方の利益が増えます

 

【送料無料】iPhone7 iPhone7Plus iPhone6s iPhon... 価格:2980円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デメリット 輸入では不利です。 海外から購入する場合より多く円を払わなければいけなくなります。 海外旅行などで円を外貨に換える場合も資金が少なくなります。

円高の原因 日本の金利が上がると円高ドル安になり、ドルの金利が下がるとドル安円高になります。 アメリカの景気が落ち込むとドル安円高、アメリカの財政赤字が膨らむと円高ドル安になる。 株価が落ち込むと円高になる。日米の要人の発言によって円高になります(トランプ大統領がスピーチした時にも株価が変動しました)
 
円安の原因

日本の金利が下がると円安になり、ドルの金利が上がると円安ドル高になります。 アメリカの景気が良くなると円安ドル高、アメリカの財政懸念が落ち着くと円安ドル高になる。 やはり日米・諸外国の要人の発言によって円安になります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト